iPhone修理

iPhoneが修理できないとは?

iPhoneとコード

液晶がボロボロのiPhoneを使っている人を街でよく見かけます。なぜ修理しないのか不思議に思います。ただ、他のスマートフォンと比べてiPhoneって多少の故障でも難なく使えるものだとこういったことをみると実感します。しかし、iPhoneもどこかのタイミングで必ず修理しなけならず、その際の修理先としてキャリアショップや正規店、正規が認定しているプロバイダーが選択肢になってきます。
ただどこの修理ショップに持ち込んだとしても、液晶修理だと1.5万円程度、基盤本体の修理だと3、4万円もかかります。しかし、新品のiPhoneを購入することを考えると、当然修理した方が相当の割安です。ただ、正規の修理ルートでも修理ができない故障があり、それが下記のような原状回復が不可能と判断された場合です。
【基板自体が完全に露出している、本体が折れ曲がっている、本体が溶解している、本体の一部が欠損している、海水や汚水に浸かった痕がある、不正改造した形跡、正規修理ルート以外で修理交換した形跡がある】
通常の日常生活での使用ではこのような状態にはなることはありませんが、「正規修理ルート以外で修理交換した形跡がある」という状態には気を付けなければなりません。これは街でよく見かける非正規の修理ストアで修理した場合です。こういった修理屋は修理代金が割安ですが、その後のことも注意する必要があります。

TOP